薬剤性難聴とは、病気の治療の為に使用した薬剤の副作用によって、内耳が障害を受けた事で発症した難聴の事を指します。難聴を引き起こす薬剤(耳毒性薬剤)としては、結核の治療に用いられる抗生物質のストレプトマイシンやカナマイシン、ゲンタマイシが有名です。その他にも、利尿薬のフロセミド、抗がん薬のシスプラチンやアルキル化薬、リウマチ治療薬のサリチル酸等が挙げられます。症状としては、耳鳴りから始まり、続いて難聴に気付くパターンが多いのですが、耳鳴りはない場合もあります。初期段階では高い周波数の難聴から始まり、次第に会話で使うような低い周波数へと進行して行きます。難聴は両方の耳同時に起こる事が多く、症状が進んでしまうと、両耳とも全く聞こえなくなる事もあります。また、薬剤によっては、めまい感やふらつきが生じ、時には吐き気、頭痛が現れる事もあるでしょう。難聴を感じた場合には、まず原因となる薬剤の特定を行い、中止しても良い薬剤であれば、すぐに使用を中止する必要があります。また、アミノ配糖体系薬剤で変性した内耳の感覚細胞は、再生しないと言われています。つまり、基本的には、聴力の回復は望めないでしょう。結核などの治療の為にアミノ配糖体系薬剤を長期間使用する時には、定期的に聴力検査を受けて、難聴の早期発見に努める事が必要となってきます。それに、難聴を引き起こす薬剤には内耳毒性がある為、難聴以外の症状も発症するケースがあるので、その点にも注意しておいて下さいー